オーエスジー株式会社

OSG Works 社員紹介

キャリア採用のご応募はこちら
  1. ホーム
  2. インタビュー
  3. 機械設計

世界で使われる“名機”としていつか自分の名前を残したい。

[機械設計][大塚 晃生 技術センター 機械部 機械設計グループ 2013年入社]

工夫しながら機械を改造する

 入社後の新人研修で工場に行き、機械の改善を担当させてもらいました。その時、現場の声を聞いて問題を発見し、解決方法を考えるというプロセスをとても面白く感じ、機械設計の部署を志望しました。現在は、主にOSGの工場内で使用する加工機の改造と新規開発を担当しています。
 たとえば設計や現場から「ワークをつかむ機構を油圧からバネに変更したい」というオーダーがあれば、改造の図面を描いて必要な部品を取り寄せ、自分で試作まで行います。それを実際に現場で使ってもらい、意見を聞いてさらに改良を重ねていきます。他にも「圧力を可変にしたい」「ワークを検出するセンサがほしい」「砥石軸の形状を変えたい」など、さまざまな要求があり、そのたびに先輩に尋ねながら手探りで改造に取り組んでいます。自分の工夫で生産性が上がり、現場や設計から「ありがとう」などと言ってもらえると、とても大きなやりがいを感じます。

機械設計イメージ

オリジナルの機械を開発する

 一方、改造だけでなく「新たにこんな機械を開発してほしい」というオーダーを受けることも少なくありません。そんな時は、機構の設計はもちろん、配線の取り回しや段取りのしやすさ、
メンテナンスのしやすさなどをトータルに考え、部品を手配し、一つずつ組み上げていきます。
 これまで最も苦労したのは、「工具の研削工程と、砥石の成形工程を同時に行える今までにない加工機がほしい」というオーダー。何度も工場に行ってワークや砥石の動きを確認し、試作と実地での試験を何度も繰り返し、ようやく完成しました。今までになかった機械を作るのですから、大切なのは柔軟な発想。頭で考えるだけでなく、普段から現場を見たり、加工機の展示会には積極的に参加して新しい機構に関する情報収集をしたり、勉強は欠かせません。
 夢は、世界中のOSGの工場に配備してもらえるような機械を開発すること。そしていつか「あの工作機、大塚という技術者が開発したんだよ」なんて語り継がれるような機械を作りたいですね。

[お気に入りの工具]EXゴールドドリル
お気に入りの工具
EXゴールドドリル
高専ロボコンに参加していたため、さまざまなドリルを使ってきました。中でも、切削面が抜群にきれいな“OSG”のドリルはよく知っていました。しかし就活で企業研究をしていた時、初めてOSGが地元の会社だと知って驚きました。この「EXゴールドドリル」は、私のおすすめのドリルです。

PAGE TOP