オーエスジー株式会社

OSG Works 社員紹介

キャリア採用のご応募はこちら
  1. ホーム
  2. インタビュー
  3. 製造技術

大好きなものづくりの現場でずっと仕事を続けていきたい。

[製造技術][塩野谷 薫 大池工場 技術課 2013年入社]

仲間に支えられながら

 もともと機械が動くのを見ているのが大好き。大学は法学部でしたが、仕事をするなら好きだった「技術」の仕事に挑戦したいと思っていました。最終的に、結婚しても続けられる会社ということでOSGに決めました。
 配属になった大池工場では、周囲のほとんどが男性。最初は不安でしたが、みんなとても気さくで、分からないことは親切に教えていただきましたし、今では男性だから、女性だからという遠慮もありません。
 仕事は、大池工場内の受注品対応と製造のサポート。最近、ブラスト機などの担当になりました。この設備で製造する製品に関しては、必要とされる品質・精度を実現するための条件出し(どういう条件で加工するかを決めること)を行います。その後、試作と、本当に精度が出ているかという測定も私が行います。
 また担当機でトラブルが起きた時は、すぐに対応します。とはいえ、今は分からないことも多く、周囲の人たちに教えてもらいながら一つずつ覚えている途中です。

製造技術イメージ

いつか手順書を作るために

 今まで一番難しかったのは、担当機を持って初めての条件出しでした。最初は何をどうするかまったく分かりません。先輩から、設備の使い方、管理方法、条件出しに必要な項目を教えてもらい、実際に自分で何度も試しながら勉強しました。
 今は、少しずつ自分でできることの範囲を広げているところです。OSGの工具はとても種類が多く、また要求はとてもシビアで、今はまだ覚えることばかりです。
 でも、こうして勉強したことを、私だけが理解していてもダメなんです。これから入ってくる後輩も含めて、誰もが作業を理解できるように、勉強している内容をノートにまとめています。いつかこの内容をもとに、作業手順書を作るつもりです。まだノート2冊目ですが、今後、私の成長とともに、このノートも充実していくはずです。

[お気に入りの工具]WDO-SUS
お気に入りの工具
WDO-SUS
担当機を持って、初めて実際に設備を動かし条件出しを行ったドリル。最初は何をどうすれば良いのかまったく分からなかった私にとっては多くのことを学べた記念すべきドリル。今では指で触れるだけで、加工前か後か分かります。

PAGE TOP